料理の技術を学ぶなら専門学校が最適|学校選びを慎重に行なおう

コンテンツ一覧

調理師として働くためには

レディ

奨学金や支援制度も

料理をすることが好きで、将来は料理をする仕事に就きたいと考えている人もいるでしょう。ただ料理が好きなら特に問題はありませんが、それを仕事にするためには調理師免許を取得するのが一般的です。調理師免許を持っていることで、就職するにも開業するにも有利に働くことになるからです。調理師免許を取得するためには料理教室ではなく、厚生労働大臣に指定された調理師専門学校に通うことになります。調理師専門学校は1年制と2年制があり、最短で1年間通えば調理師免許の取得が可能となっています。調理師の専門学校ということもあって実習がメインというイメージがありますが、他の専門学校と同じように座学も普通に行われています。また、専門学校では特定のジャンルの料理ではなく幅広いジャンルの料理について学ぶことが出来るようになっています。大きく分けると日本では和・洋・中となりますが、この全てについて学ぶことになります。そのため、料理人はなりたいけれどどんなジャンルが良いのか決まっていないという人でも安心して通うことが出来るのです。具体的に専門学校に通うためにはどれぐらいの費用がかかるのか気になるという人もいるでしょう。初年度は入学金なども必要になるため、130万円から150万円程度の費用が必要となります。2年目以降は入学金を支払わなくて済みますので、それだけ費用も安くなっています。専門学校全体の平均費用は初年度で120万円程度なので、調理師専門学校は平均よりは若干高い傾向にあります。