料理の技術を学ぶなら専門学校が最適|学校選びを慎重に行なおう

調理師として働くためには

レディ

将来料理人として働きたいという場合には調理師免許の取得をするのが一般的です。そのためには専門学校に通う必要があり、最短で1年間通うことで調理師免許の取得をすることが出来ます。専門学校は初年度は130円から150万円程度の費用が必要となります。

詳しく見る

おすすめ記事一覧

コンテンツ一覧

食を極めたい時

調理

料理の専門学校に入学したいと考えている方は、自分がどのようなジャンルの調理に向いているのか見極めておきましょう。こうした専門学校はお菓子関係やフランス料理など幅が広いのです。また就職先やアルバイト先を考慮して選ぶことも大切です。

詳しく見る

調理師やカフェオーナー

女の人

料理の専門学校では調理師になるための勉強や、栄養士・カフェオーナー・パティシエになるための勉強を行えます。インターネット上でオープンスクールの情報が公開されている為、事前に確認してから申し込みましょう。

詳しく見る

選び方で重視すること

調理器具

料理の専門学校は調理人を目指す人に人気がありますが、選び方で重視したほうがいいポイントがあります。それは、働きながら学習したい人には夜間コースの有無が選択の基本となります。また、就職率が高いことも見逃せないところで、就職へのサポート力や主な就職先を調べておくのもその後の選択に役立ってきます。

詳しく見る

同時に経営も学べる

調理

プロの料理人になりたいという人の多くが料理の専門学校に通っています。入学方法ですが、学校によって様々なので問い合わせるのが確実です。その人の得たい知識や技術に合わせて様々なコースを用意しているので通いやすいのが嬉しいです。

詳しく見る

やりたいことを見つける

調理器具

適した学校選び

食育が新聞にも載るようになった今、新聞や雑誌、本などでよく目にするのが、料理の専門学校の案内。和食、洋食、中華、お菓子など、自分の好きなジャンルの料理を絞って専門的に勉強することができます。また、その知識を活かして、様々な分野で活躍することができます。料理の専門学校にはカリキュラムや学費、講師などを備えた、プロを要請する学校です。講師は、知識と経験の豊富なそれぞれの料理のトップクラスの方が教えてくれます。資格も取得可能です。ただ、私立の学校の場合、学校によってカリキュラムや学費も異なるので、事前に書類を取り寄ることも重要です。資料の中には、特に学校が力を入れていることが書かれています。自分が何を学びたいか、どのような将来どこで、どんな風に活躍したいのかを、よく考える良いきっかけになります。テレビや雑誌などでお馴染みの講師がいる学校もありますので、どんな講師に何を教わることができるのかを知ることができます。また、設備などもそれぞれの学校によって異なります。オープンキャンパスの機会があれば出向いて、雰囲気や特徴を肌で感じ、自分にぴったりの学校を探すことで、後悔することなく。専門学校に通ってからも思い切り学び、知識を十分に身につけることで、卒業してからの経験につながります。数多くの専門学校から自分に合う学校を見つけるために、実際に進学、卒業した方からの口コミや評判なども大いに役に立ちます。